TOPページ > 事業内容 > 技術開発部 > 橋梁補修・補強関係

東日本技建の事業内容

橋梁補修・補強

日本国内の橋梁の多くは高度経済成長期に建設されたものであり、 20年後にはその半数以上が築50年を迎えると言われています。
老朽化に加えて、 設計当時から増大した交通量や大型トラック等の普及により、橋梁へのダメージも過大になり、 危険度は増しています。
弊社ではこうした問題を解消し、安全な橋梁を長く維持するための補修・補強工事を施工します。。
主に下記の工法を用いた補修・補強を行っておりますが、その他工法での施工についてもご相談下さい。


 橋梁長寿命化対策(スーパーホゼン式工法)

橋梁長寿命化対策(スーパーホゼン式工法)のイメージ

「橋梁の床版長寿命化対策工法」の一つで、RC構造の床版を橋梁下面側から補強する工法です。
従来、下面からの補強は、車両の振動・衝撃を受けて歪みが生じることが課題となっていましたが、 スーパーホゼン式工法では下面に網鉄筋をテーパー付T型アンカーで圧着固定し、床版の振動・衝撃を緩和することに成功しています。
このため一般交通の通行止めを必要とせず、補修と補強を同時に行えるという大きなメリットがあります。


 コンクリート構造物補修工法

高度経済成長期に大量に建設されたコンクリート構造物もまもなく50年を迎えます。
安全を維持するために必須となる補修・補強工事を適切に提案し、最適な施工を致します。


 技術講習会の開催

長寿命化対策 技術講習会

当社は日本建設保全協会 宮城県事務局として毎年、橋梁補強・補修、RC構造床版補強についての技術講習会の運営を行っております。
過去に開催された講習会については下記のページをご覧下さい。

「コンクリート構造物の長寿命化対策に関わる技術講習会」を開催いたしました


この他の工事、製品販売についても、お気軽にお問い合わせ下さい。

お電話でのお問い合わせ:022-252-0222

メールでのお問合せ