TOPページ > 事業内容 > 技術開発部 > 高速道路関係

東日本技建の事業内容

高速道路施設・設備

技術開発部では、高速道路を常に安全で快適に利用できる状態に維持するため、必要となる多くの設備の補修、補強や
技術提案をさせて頂いております。
各種防止柵や遮音壁、道路標識や反射シート等、多数の実績がございますので、ぜひ当社にご相談下さい。


 遮音壁

高速道路等で騒音被害を低減するため設置される壁を「遮音壁」と呼びます。
周辺の環境に合わせて素材や高さなど、最大限の防音効果を発揮する遮音壁をご提案し、設計いたします。

  • 遮音壁1(仙台東部道路)
  • 遮音壁2(仙台東部道路)
  • 遮音壁1(東北自動車道)
  • 遮音壁2(東北自動車道)
  • 遮音壁3(東北自動車道)
拡大写真:遮音壁1(仙台東部道路)
次の画像へ進む
前の画像へ戻る
クローズボタン     
拡大写真:遮音壁2(仙台東部道路)
次の画像へ進む
前の画像へ戻る
クローズボタン     
拡大写真:遮音壁1(東北自動車道)
次の画像へ進む
前の画像へ戻る
クローズボタン
拡大写真:遮音壁2(東北自動車道)
次の画像へ進む
前の画像へ戻る
クローズボタン
拡大写真:遮音壁3(東北自動車道)
次の画像へ進む
前の画像へ戻る
クローズボタン

 落下物防止柵

交差する道路や鉄道・民家などに物や飛雪など落下・また投物を防ぐ柵です。

拡大写真:落下物防止柵
次の画像へ進む
前の画像へ戻る
クローズボタン     

 立入防止柵

人や動物等による高速道路への立入防止を目的とした防止柵です。

拡大写真:立入防止柵1
次の画像へ進む
前の画像へ戻る
クローズボタン     
拡大写真:立入防止柵2
次の画像へ進む
前の画像へ戻る
クローズボタン     
拡大写真:立入防止柵3
次の画像へ進む
前の画像へ戻る
クローズボタン
拡大写真:鹿侵入防止柵1
次の画像へ進む
前の画像へ戻る
クローズボタン

 中央分離帯転落防止柵

中央分離帯に誤って人が転落したり、物が落下したりすることを防止するために設置する防止網です。

拡大写真:中央分離帯転落防止柵
次の画像へ進む
前の画像へ戻る
クローズボタン     

 標識

ドライバーに案内・指示を与え、注意喚起を促す高速道路施設です。
設置基準を厳守し、高速道路での交通安全に繋がる標識をご提案いたします。

拡大写真:高速道路標識1
次の画像へ進む
前の画像へ戻る
クローズボタン     
拡大写真:高速道路標識2
次の画像へ進む
前の画像へ戻る
クローズボタン     
拡大写真:高速道路標識3
次の画像へ進む
前の画像へ戻る
クローズボタン     
次の画像へ進む
前の画像へ戻る
クローズボタン

 反射シート(超高輝度反射シート)

光を反射することで視認性を高め、夜間や荒天時のドライバーの安全を守るシートです。
道路標識やガードケーブル・ガードレール等に使用されています。

拡大写真:反射シート1(超高輝度反射シートイエロー)
次の画像へ進む
前の画像へ戻る
クローズボタン     
拡大写真:反射シート2(超高輝度反射シートイエロー)
次の画像へ進む
前の画像へ戻る
クローズボタン     
拡大写真:反射シート3(超高輝度反射シートシルバー)
次の画像へ進む
次の画像へ進む
クローズボタン
拡大写真:反射シート4(超高輝度反射シートシルバー)
次の画像へ進む
次の画像へ進む
クローズボタン
拡大写真:反射シート5(超高輝度反射シートシルバー)
次の画像へ進む
前の画像へ戻る
クローズボタン