TOPページ > 会社概要

東日本技建の会社概要

商号 東日本技建株式会社
所在地

(本社)

〒983-0826

宮城県仙台市宮城野区鶴ヶ谷東1丁目10番7号

TEL 022-252-0222(代) FAX 022-252-0285


(機材センター)

宮城県仙台市宮城野区扇町3丁目2番6号


(札幌支店)

〒064-0921

北海道札幌市中央区南21条西9丁目2番15号
ラーピス南21条ビル3階

TEL 011-533-2700(代) FAX 011-206-8547


(郡山事務所)

〒963-8835

福島県郡山市小原田5丁目20番19号 ファインビュー郡山602

TEL 080-6083-3460 FAX 022-252-0285

設立 昭和51年2月 (創業 昭和47年1月)
代表者 代表取締役 畑中 武
資本金 1,000万円
決算期 年1回 9月
従業員数 20名
主要銀行 七十七銀行鶴ヶ谷支店 三井住友銀行札幌支店 日本政策金融公庫仙台支店
建設業許可 宮城県知事許可 一般23 第7638号
主要取引先
  • 防衛省
  • 東日本高速道路株式会社
  • 宮城県警察本部
  • 宮城県
  • 仙台市
  • 各市町村
  • 各建設業者
  • 一般ユーザー
  • イオングループ
  • 各デベロッパー
主要取扱メーカー
  • 朝日スチール工業株式会社
  • JFE建材株式会社
  • 神鋼建材工業株式会社
  • 積水樹脂株式会社
  • 帝金株式会社
  • 東京インキ株式会社
  • ナック・ケイ・エス株式会社
  • 株式会社ニッケンフェンス&メタル
  • 日鐵住金建材株式会社
  • 日本板硝子環境アメニティ株式会社
  • 日本植生株式会社
  • 株式会社アークノハラ
  • 株式会社LIXIL
  • ロンタイ株式会社
  • JFE建材フェンス株式会社
  • 四国化成工業株式会社
  • 株式会社サンポール
  • 東京製綱株式会社
  • 株式会社日本パーツセンター
  • 東洋ゴム工業株式会社
  • 保安道路企画株式会社
  • 株式会社吾妻商会
  • (敬称略順不同)
加入団体
  • 宮城県交通安全施設業協同組合
  • 東日本MA基礎杭協会
  • 国土環境緑化協会連合会
  • 日本リサイクル緑化協会
  • 日本建設保全協会
事業内容

営業部・工務部

○下記に関連した製品の販売及び施工、また関連した工事内容の提案など


【交通安全関連】
防護柵 立入防止柵 高欄 視線誘導標 カーブミラー 等
【エクステリア関連】
各種フェンス カーポート 住宅外構製品 等
【法面緑化・補強関連】
植生マット 植生シート 人工芝 木製法枠 盛土補強 補強土壁
厚層基材吹付 リサイクル緑化工 PRE工法(現地発生伐根) 等
【景観・公園関連】
木製品 擬木製品 車止め 遊具 ベンチ 等
【その他土木関連】
仮設資材 保安用品 橋梁製品 港湾資材 多自然・環境対応製品 等
【防災・減災関連】
ソーラーLED製品 各種警告サイン 災害対応製品 等

技術開発部

○高速道路付属物等の商品開発及び技術提案
○高速道路に関わる遮音壁等の調査及び設計
○橋梁長寿命化対策(スーパーホゼン式工法)
○コンクリート構造物補修工法(剥落防止Z-Y工法、劣化防止Z-X工法)

沿 革  
昭和47年1月 太陽造園緑化土木設立
昭和51年2月 法人に組織変更し、資本金500万円で有限会社東日本ガードレール工事設立。
初代取締役社長 畑中嘉治 就任
昭和54年5月 宮城県知事許可 一般 第7638号
昭和61年7月 組織変更及び社名変更し資本金1,000万円で東日本技建株式会社設立
平成6年11月 工事部及び機材センターを宮城野区鶴ヶ谷東2丁目1番1号に新築移転
平成10年6月 機材センター増築工事
平成23年4月
札幌営業所・苫小牧営業所 開設
平成26年1月
札幌営業所から札幌支店へ変更
平成27年2月
代表取締役社長 畑中 武 就任
平成27年8月
工事部及び機材センターを宮城野区扇町3丁目2番6号に移転
平成27年10月
本社組織体制を営業部、工務部、技術開発部へ変更
平成28年4月
札幌支店を自社テナントビル札幌市中央区南21条西9丁目2-15に移転
HNGグループ グループ会社リンク
不動産の管理・賃貸・売買ならアイ・ファイン不動産株式会社
東建株式会社 不動産賃貸業・不動産コンサルティング 東建株式会社